Japan Guide & Information Japan Guide & Information

UPDATE | 2020年02月07日

【日本の文化】恋人同士だけのものではない、日本ならではのバレンタインデー

2月14日は、多くの国の人にとってロマンチックな日ですよね。この日は恋人同士の日として知られています。ほとんどのカップルはこの日にデートをしたり、豪華な食事に行ったりします。バレンタインデーの傾向としては、男性から女性にプレゼントを贈ることが多く、よく贈られる人気のプレゼントは、チョコレートと赤いバラなどでしょう。この日に好きな人に自分の想いを告白する人もいます。 しかし、日本では、この日はカップルだけの特別な日ではないのです。そこで、日本のユニークなバレンタインデーを見てみましょう。

  • Share
    this
  • facebook
  • twitter
  • LINE

[PR]

●日本のバレンタインデーの贈り物

バレンタインデーには、日本も他の国と同様に、チョコレートをプレゼントとして相手に贈ります。しかし、ほとんどの場合、女性から男性に贈ります。チョコレートを手作りする人も多いようです。チョコレートだけではなく、チョコレートのラッピングにもこだわって包装する材料を手作りする人もいるようです。これは、相手に対する気持ちがさらにこもっていますね。

●恋人同士ではなくても、バレンタインの日にプレゼントを贈ることもできるの?

恋人同士ではなくても、この日ならプレゼントを贈ることができる!と聞いたら、みなさん驚くでしょう!日本では、友達同士チョコレートの贈り合いをしたり、お父さんや兄弟、友人や仕事仲間にもこの日にチョコレートを贈ったりします。

受け取った男性は、自分にチョコレートをくれた女性がどのような気持ちで渡してくれたのかどうやって知ると思いますか?実は、日本のバレンタインは、「本命チョコ」と「義理チョコ」という2種類の意味があります。

「本命チョコ」は、女性が好意を寄せる相手に自分の気持ちを伝えるために慎重にチョコレートを選んだり、手作りしたりします。「義理チョコ」は普段お世話になっている人達への「ありがとう」という気持ちを表すものであり、みんなに同じチョコレートを渡すことが多いです。金額も「本命チョコ」と「義理チョコ」では違い、手作りをする場合でも材料が違ったりすることもあります。

このような文化が日本にはあります。日本のバレンタインデーに女性の友人からチョコレートを受け取った男性のみなさん、女性の気持ちを間違えないでくださいね。

●ホワイトデー

「たくさんの人にチョコレートを贈ったら日本の女性は準備も大変だし、とても損しているのでは?」と思われる人もいるでしょう。実は、日本の男性が女性に贈り物をする日もあります。それは1か月後の3月14日のホワイトデーです。この日、バレンタインデーでもらったチョコレートのお返しとして、男性は女性に贈り物をします。

贈り物としては、チョコレート以外に、クッキーやキャンディーなどのデザインがかわいいスイーツもあり、バレンタインはもちろんホワイトデーの時期も色々なお店に贈り物用のお菓子などが売られています。また、お返しも「本命」と「義理」に分かれています。

バレンタインデーの日にあなたに好意を表してきてくれた女性に、自分の気持ちを伝えるいいチャンスです!

ということで、日本では、バレンタインデーは恋人同士のものだけではありません。クリスマスやハロウィンと同じようにみんなで一緒に盛り上がれる日です。恥ずかしくて、好きな人に気持ちを伝えられない人にとってもいいチャンスです。


みなさんはどのようなバレンタインを過ごしますか?日本とみなさんの国では習慣が違うように、バレンタインも違ったところが多くてびっくりしたかも知れませんが、是非この日に家族や友人など、普段お世話になっている周りの人達に「ありがとう」の気持ちを伝えてみてもいいかもしれませんよ!


■この記事を読んだ人におすすめ

日本ならではの「初詣」って?

この記事を書いた人

studyjapan

アクセス日本留学 編集部

  • Share
    this
  • facebook
  • twitter
  • LINE
×

[PR]

Popular articles Popular articles

[PR]