Japan Guide & Information Japan Guide & Information

UPDATE | 2019年11月29日

一生に一度はぜひ体感しに行ってみたい日本の祭り4選

日本語の【祭】とは、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為です。 元々の祭りの意味とは、神様への感謝以外では、豊穣へ命を与えたことにも感謝する意味もあります。供物そのほかが捧げられます。 日本だけでなく、多くの国で宗教や地域によって独自の儀式があります。日本の祭礼は、神道系に分類されるものが多いですが、道教や仏教など海外の習俗の影響を受けているものも多いです。 現代の祭りは、様々な種類のものが各地で行われています。通常、地域名に基づいて、または[祭]の主要な内容、行事で命名されます。都市祭、芸術祭、文化祭などの祭りもあります。日本には、30万以上もの祭りがあると言われています。たくさんあるので、全てを見て回ることは難しいと思います。そこで特に一度はぜひ体感してほしい日本の有名な祭りを4つ紹介します。

  • Share
    this
  • facebook
  • twitter
  • LINE

*The original text of this article is written in Chinese. 日本で最も代表的な祭りは、京都祇園祭、天神祭と神田祭三つの祭りがあります。日本の三大祭は、重要な歴史的背景を持っており、毎年多くの来場者で賑わいます。

[PR]

●京都祇園祭

祇園祭は京都市東山区の八坂神社のお祭。1000年以上の歴史を持つ、昔から続いてきた祭りです。祭り自体は7月1日から31日まで、1ヶ月間にわたってさまざまな神事が行われる大がかりな祭りとなり、大きな見どころは、宵山、山鉾巡行、神輿渡御です。


宵山は祇園祭の前夜祭のことです。宵山になると鉾町では山や鉾が建ち、たくさんの夜店が出て、1日30万人もの見物客で賑わいます。町には浴衣姿の人があふれ、京都の風習や食べ物を楽しむ光景が見られます。


山鉾巡行は、四条河原町、河原町御池、御池新町へとまわり、そこから各山鉾町へと戻るコース。鉾が少しずつ交差点を曲がる「辻回し」の技は一番の見どころでしょう。


神輿渡御は、夜遅くまで市内中心部を神輿が駆けめぐります。祇園祭と一言でいっても色々な特徴があり、とても見る価値があります。


●天神祭

天神祭とは、学問の神様である菅原道真公の命日にちなんで、毎月25日前後に全国の天満宮で催されるお祭りの総称で、中でも有名なものが、「大阪天満宮」で毎年開催される「天神祭」です。


毎年130万人もの人が訪れる「天神祭」は大阪天満宮の氏地を中心に、毎年夏に、賑やかに行われます。約5,000発もの奉納花火と、100隻もの大船団が大川に浮かび、花火と大船団が川に浮かぶ光景は迫力満点です!


●青森ねぶた祭

青森のねぶた祭り、といえば全国的に知られている日本を代表するお祭りの一つ。 巨大な灯籠(=ねぶた)を山車に乗せて練り歩く大変華やかなお祭りです。その起源は奈良時代の七夕祭りまでさかのぼると言われており、地元の多くの人にとって一年で最も重要なイベントとされています。


8月の1週目に開催され、街全体が盛り上がる最大のお祭りです。ですが 、実はねぶた祭りは1種類だけではありません。ねぶた祭りは青森県の各地で行われているお祭りで、場所によって内容や名前が少しずつ違っています。そんな中でも特に三大ねぶた祭りと呼ばれているのが、「青森ねぶた」「弘前ねぶた」「五所川原立佞武多(たちねぶた)」の3つ。


三大ねぶた祭りの中でも最も有名で、来場者数も多いのが青森市で開催される青森ねぶた。毎年8月2日から8日まで開催されており、なんと200万人もの観光客が訪れるとされています。


一週間ほど続くねぶたまつりは最終日だけは特別なものとなります。最終日の夜にはその年の賞をとったねぶただけが船に乗せられて青森港内をめぐります。

「青森花火大会」も同じタイミングで行われ、ねぶたを乗せた船の向こうに花火が上がる様子は祭りの締め括りとして非常に見ごたえがあります。ねぶたと花火を見ることができるのは最終日だけなので、是非見に行ってもらいたいです


●徳島阿波踊り祭

阿波踊りは、阿波国(現・徳島県)を発祥とする盆踊りで徳島の夏を盛り上げる四国三大祭の一つです。祭りは8月12日から8月15日の間に開催されます。阿波おどりの踊り方は大きく分けると「男踊り」と「女踊り」の2つに分類されます。「男踊り」は男らしい力強さを感じさせてくれる踊りで、「女踊り」は日本女性の美しさを表します。


徳島市「阿波踊り」の会場は市内7カ所の演舞場が設置されており、おどり広場、路上など、至る所で楽しめるのが特徴です。阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」といいます。徳島県にはこの「連」が900以上もあると言われており、街を散策していれば、必ずどこかの「連」の演舞を観覧できるでしょう。


阿波踊りは夜になると、ますます盛り上がりを見せ、街灯や特設ライトが煌々と輝く中で街中に人が溢れ、至る所で鳴り物の音が響き渡ります。


徳島市「阿波踊り」は、400年以上の歴史ある盆踊りで、夏の徳島を熱く盛り上げるものとして徳島の人々の心の拠り所となっています。夏祭りとしても絶対見逃せない1つでしょう。


日本の祭りは、日本の歴史の象徴であり、それぞれの祭りには、独自の歴史および文化的背景と地元の民俗習慣があります。皆さんも日本に来たら、地元文化を体験するだけではなく、様々なエリアで開催される伝統的な祭りをめぐってみてはいかがでしょうか。


■この記事を読んだ人におすすめ

【日本の文化】食文化

  • Share
    this
  • facebook
  • twitter
  • LINE
×

[PR]

Recommended articles Recommended articles

2019年03月05日

【学校選びのヒント】あなたが今すぐに「学校検索」を始めなければならない3つの理由

日本が好きだから日本留学をしたいけれど、どのような勉強や学校にするかはまだ調べていない。という外国人留学生のみなさん。学校検索は、今すぐに始めましょう。ここでは、「あなたが今すぐに学校検索を始めなければならない3つの理由」についてお知らせします。

2019年01月16日

【学校選びのヒント】学校選びのポイント

将来の夢を叶えるためには、あなたにぴったりの学校を選ぶ必要があります。ここでは、外国人留学生のみなさんが日本の学校を選ぶときに役立つ「3つのポイント」を紹介します。

2019年01月16日

【学校選びのヒント】学校情報の集め方

よりよい進学をするためには、自分に合った学校選びや受験のために必要な情報収集が大変重要です。ここでは進学についての情報を得るための方法を紹介します。今通っている学校の先生に相談するだけでなく、自ら積極的に情報を収集しましょう。

2019年01月09日

【学校選びのヒント】奨学金制度

日本で勉強する優秀な外国人留学生を支援するために、国や各種団体が奨学金制度を用意しています。自分に合った制度をうまく活用し、研究や学業に専念できる環境を整えましょう。

[PR]