出願・入試ガイド

大学院

1. 日本の大学院に入学するために必要な条件

入学する課程により違いますが、入学するための条件として、主に以下のようなものが規定されており、これらの条件のいずれかを満たす必要があります。

  1. 修士課程・博士課程(前期)
    1. 日本の大学を卒業した者
    2. 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者
    3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
    4. 日本において、外国の大学の課程を有するとして指定された教育施設の16年の課程を修了した者
    5. 指定された専修学校の専門課程を修了した者
    6. 大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者
  2. 博士課程(後期)
    1. 日本の修士の学位や専門職学位を有する者
    2. 外国において、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された者
    3. 日本において、外国の大学院の課程を有するとして指定された課程を修了し、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された者
    4. 大学を卒業し、大学、研究所(外国の大学・研究所を含む)等において2年以上研究に従事した者で、大学院において、修士の学位を有する者と同等の学力があると認めた者
    5. 大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者
  3. 博士課程(医学、歯学、薬学、獣医学)
    1. 日本の大学の医学、歯学、薬学または獣医学の学部課程(6年)を修了した者
    2. 日本の修士の学位や専門職学位を有する者
    3. 外国において、学校教育における18年の課程を修了した者
    4. 日本において、外国の大学の課程を有するとして指定された教育施設の18年の課程を修了した者
    5. 大学院において、個別の入学審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者

2. 出願に必要な書類とは?

各大学院によって必要提出書類は異なります。必ず各学校に、募集要項等で確認を行ってください。
尚、一般的には以下のものが必要となります。

  1. 入学願書(大学院指定のもの)
  2. 履歴書
  3. 大学学部卒業(見込み)証明書
  4. 修士学位取得(見込み)証明書(博士課程の場合)
  5. 最終学校の成績証明書
  6. 出身大学の学長または学部長もしくは指導教員の推薦状
  7. 出身大学における研究(卒業)論文とその要旨
  8. 研究(希望)計画書
  9. 健康診断書
  10. 写真
  11. 外国人登録原票記載事項証明書(日本国内在住の場合)
  12. 保証人関係書類

3. 入学試験の内容

これも学校により様々な方法がありますが、通常は以下のいくつかを組み合わせて行われます。

  1. 書類審査
  2. 学力検査(大学実施)
  3. 面接
  4. 小論文・作文
  5. 専攻科目に関する口頭試問

時期は8月~10月が多く、2月~3月にもあります。

4. 卒業・修了するために必要なことは?

大学院や課程によって異なります。必ず各学校に問い合わせ、確認を行ってください。

  在籍年数 取得単位 その他 取得学位
修士課程 2年以上 30単位以上 修士論文の審査及び
試験に合格
修士
専門職学位課程
(修士課程)
2年〜3年以上 30単位以上
(大学院によって
異なる)
- 修士(専門職)
法科大学院の場合は
法務博士(専門職)
博士課程 5年以上
(修士の2年間を
含む)
30単位以上
(修士課程における
取得単位を含む)
博士論文の審査及び
試験に合格
博士

●専門職大学院とは
高度な専門能力を備え、社会・経済の各分野でリーダーとなって活躍できる職業人の養成を目指す教育課程です。代表的なものは、法律に関する職業人を養成する法科大学院や、教員養成の教職大学院、その他ビジネス・MOT分野、会計分野、公共政策分野などの専門職大学院があります。

●研究生とは
研究生とは次のような非正規の学生に与えられる身分です。
①学位の取得を目的とせず、短期間の研究活動のために在籍している者
②大学間交流協定に基づく短期留学生として在籍している者
③大学院正規課程の入学への準備期間として利用している者 ※
書類選考だけで入学許可を与えるところが多数です。
研究生として「留学」の在留資格を得るためには、1週間につき10時間以上聴講することが必要です。
※大学院正規課程へ進学する際に、直接受験を認めている大学院のほかに「研究生」の課程を経ることが望ましいとしている大学院もあります。詳細は必ず直接志望校に問い合わせましょう。

指導教員
履修計画や研究の指導をしてくれる教員のことで、基本的には自分で探す必要があります。 学校によっては出願の前にあらかじめ指導教員を探して受入れの内諾を得る必要があります。

(指導教員の探し方)

  • あなたの出身大学の指導教員から紹介してもらう。
  • 学会誌、元日本留学生、自国の研究者等から情報を得る。
  • 大学院のウェブサイト、ReaD&Researchmap(国立情報学研究所のウェブサイト)、J-GLOBAL(科学技術振興機構のウェブサイト)等で自分の専攻内容にあった教員を探す。

〈教員と連絡を取る場合〉
これまでのあなたの研究成果や今後の研究計画、その教員を選んだ理由等を具体的に明記し、できればあなたの出身大学の指導教員等の推薦状をつけるのがよいでしょう。相手はあなたのことを書面からでしか判断できないので、何回もやりとりを重ね、あなたの熱意を伝えることが必要です。

5. 学費について

以下の一覧表は、日本の大学院の初年度納入金平均額(日本人学生)を表しています。初年度学費には、一般的に入学金、授業料、施設・設備費などが含まれています。外国人学生に対しては、各種奨学金や学費の減額制度(例:授業料の30%~全額減免)など日本での学費負担をサポートする制度も様々なものが充実しています。詳しくは各校の資料で確認いただくか、直接お問い合わせください。

初年度納入金平均 単位:円及びドル(1米ドル=90円で計算)

〈記載の金額は、各種奨学金や学費の減額制度などを適用していない平均額となります〉

国立 817,800 円 9,087 ドル
公立 767,252 円 8,525 ドル
私立
(修士課程)
芸術 1,481,903 円 16,466 ドル
工学 1,177,221 円
13,080 ドル
保健 1,158,811 円
12,876 ドル
理学 1,124,503 円
12,494 ドル
農学・獣医学 1,071,544 円
11,906 ドル
薬学 1,054,003 円
11,711 ドル
家政 1,028,480 円
11,428 ドル
教養 991,145 円
11,013 ドル
医学 951,837 円
10,576 ドル
社会科学 917,861 円
10,198 ドル
人文科学 889,078 円
9,879 ドル
私立
(博士課程)
芸術 1,374,298 円 15,270 ドル
保健 1,109,485 円
12,328 ドル
理学 1,057,230 円
11,747 ドル
農学・獣医学 1,017,934 円
11,310 ドル
工学 1,016,390 円
11,293 ドル
家政 1,013,725 円
11,264 ドル
薬学 944,967 円
10,500 ドル
教養 879,288 円
9,770 ドル
歯学 874,417 円
9,716 ドル
社会科学 840,668 円
9,341 ドル
人文科学 830,814 円
9,231 ドル
医学 654,375 円
7,271 ドル

〈データ提供 文部科学省〉

ページの先頭へ

大学

正規課程の修業年限は4年となります。ただし、専門的国家資格等を取得することが目的となる医学、歯学、一部の薬学及び獣医学の場合は6年です。
大学によっては、非正規生である聴講生、科目等履修生の制度があります。

1. 日本の大学に入学するために必要な条件

大学に入学するためには、次の条件のうちどれかを満たしている必要があります。

  1. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
  2. 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格し、18歳に達した者
  3. 日本において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了し、18歳に達した者
  4. 国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア資格を保有し、18歳に達した者
  5. 日本において設置された、国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了し、18歳に達した者
  6. 大学において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者

※1~3について、12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了する必要があります。

2. 出願に必要な書類とは?

大学によって必要提出書類は異なります。必ず各大学に、入試要項等で確認を行ってください。
尚、一般的には以下のものが必要となります。

  1. 入学願書(大学指定のもの)
  2. 履歴書
  3. 高校の卒業(見込み)証明書
  4. 高校の成績証明書
  5. 出身高校の校長または教員の推薦状
  6. 健康診断書
  7. 写真
  8. 外国人登録原票記載事項証明書(国内在住の場合)
  9. 保証人関係書類

3. 入学試験の内容

これも大学により様々な方法がありますが、通常は以下のいくつかを組み合わせて行われます。

  1. 書類審査
  2. 学力検査
  3. 面接
  4. 小論文・作文
  5. その他の能力・適性等に関する検査
  6. 日本留学試験(EJU)
  7. 日本語能力試験
  8. 大学入試センター試験

4. 卒業・修了するために必要なことは?

大学を以下の条件を満たし卒業した者には、「学士」の学位が取れます。

  在籍年数 取得単位数
一般の学部 4年 124単位以上
薬学部(4年制)
医学部・歯学部 6年 医学・歯学:188単位以上
獣医学部 獣医学:182単位以上
薬学部(6年制) 薬学:186単位以上

5. 学費について

以下の一覧表は、日本の大学の初年度納入金平均額(日本人学生)を表しています。初年度学費には、一般的に入学金、授業料、施設・設備費などが含まれています。外国人学生に対しては、各種奨学金や学費の減額制度(例:授業料の30%~全額減免)など日本での学費負担をサポートする制度も様々なものが充実しています。詳しくは各校の資料で確認いただくか、直接お問い合わせください。

初年度納入金平均 単位:円及びドル(1米ドル=90円で計算)

〈記載の金額は、各種奨学金や学費の減額制度などを適用していない平均額となります〉

国立 817,800 円 9,087 ドル
公立 768,316 円 8,537 ドル
私立 5,017,209 円 55,747 ドル
4,481,699 円
49,797 ドル
2,080,273 円 23,114 ドル
芸術 1,683,387 円 18,704 ドル
保健 1,506,476 円 16,739 ドル
理・工 1,410,495 円 15,672 ドル
農・獣医 1,337,965 円 14,866 ドル
体育 1,274,831 円 14,165 ドル
家政 1,247,127 円 13,857 ドル
文・教育 1,191,814 円 13,242 ドル
社会福祉 1,176,120 円 13,068 ドル
法学・商・経済 1,131,976 円 12,578 ドル
神・仏教 1,101,165 円 12,235 ドル
留学生別科 708,999 円 7,878 ドル

〈データ提供 文部科学省〉

大学の編入制度
について

多くの大学が途中年次から入学できる編入制度を設けています。
尚、主な編入試験の受験資料は以下のとおりです。

◎短期大学卒業者 ◎高等専門学校卒業者 ◎専門士(専門学校修了者)
◎大学の教養課程(1~2学年)修了者 ◎4年制大学修了者

また、編入という制度がある大学は多いものの、実施状況は次のとおり様々です。
・毎年実施するとは限らない。
・すべての学部、学科で実施するとは限らない。
・定員がある場合や欠員補充のみの場合がある。
・既に修了した年数や取得した単位がそのまま認められるとは限らない。
詳細については必ず各教育機関にお問い合わせください。

ページの先頭へ

短期大学

短期大学の修業年限はふつうの2年ですが、医療技術・看護のように3年のものもあります。大学が、学術的な原理や理論の研究、教育を中心としているのに対して、短期大学は社会に出て直接実地に役立つ技術を身につけさせる教育に重点をおいています。短期大学のうち、約3分の1が女子短期大学であり、また、人文系、家政系、教育系及び社会系の学科が半数を占めています。

1. 日本の短期大学に入学するために必要な条件

短期大学に入学するためには、次の条件のうちどれかを満たしている必要があります。

  1. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
  2. 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格し、18歳に達した者
  3. 日本において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了し、18歳に達した者
  4. 国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア資格を保有し、18歳に達した者
  5. 日本において設置された、国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了し、18歳に達した者
  6. 短期大学において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者

※1~3について、12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了する必要があります。

2. 出願に必要な書類とは?

短期大学によって必要提出書類は異なります。必ず各短期大学に、入試要項等で確認を行ってください。
尚、一般的には以下のものが必要となります。

  1. 入学願書(短期大学指定のもの)
  2. 履歴書
  3. 高校の卒業(見込み)証明書
  4. 高校の成績証明書
  5. 出身高校の校長または教員の推薦状
  6. 健康診断書
  7. 写真
  8. 外国人登録原票記載事項証明書(国内在住の場合)
  9. 保証人関係書類

3. 入学試験の内容

これも短期大学により様々な方法がありますが、通常は以下のいくつかを組み合わせて行われます。

  1. 書類審査
  2. 学力検査
  3. 面接
  4. 小論文・作文
  5. その他の能力・適性等に関する検査
  6. 日本留学試験(EJU)
  7. 日本語能力試験
  8. 大学入試センター試験

4. 卒業・修了するために必要なことは?

短期大学を以下の条件を満たし卒業した者には、「短期大学士」の学位が取れます。

  取得単位数
2年課程 62単位以上
3年課程 93単位以上

5. 学費について

以下の一覧表は、日本の短期大学の初年度納入金平均額(日本人学生)を表しています。初年度学費には、一般的に入学金、授業料、施設・設備費などが含まれています。外国人学生に対しては、各種奨学金や学費の減額制度(例:授業料の30%~全額減免)など日本での学費負担をサポートする制度も様々なものが充実しています。詳しくは各校の資料で確認いただくか、直接お問い合わせください。

初年度納入金平均 単位:円及びドル(1米ドル=90円で計算)

〈記載の金額は、各種奨学金や学費の減額制度などを適用していない平均額となります〉

私立 芸術 1,317,126 円 14,635 ドル
1,208,705 円 13,430 ドル
理・農 1,152,956 円 12,811 ドル
人文 1,121,833 円 12,465 ドル
家政 1,115,430 円 12,394 ドル
教育・保健 1,102,193 円 12,247 ドル
法律・商・経済・社会 1,101,887 円 12,243 ドル
体育 1,080,692 円 12,008 ドル

〈データ提供 文部科学省〉

ページの先頭へ

専門学校

将来的な職業や資格取得のための専門的知識や技術を修得することを目的とした、高等教育機関の一つ。専修学校の中で専門課程を置くところは専門学校と呼ばれ、所定の条件を満たしている専門学校を卒業すると、「専門士」の称号が与えられます。修業年数は2年が主流ですが、より専門性を要する分野においては3・4年制の学科も存在しています。目標とする職業、スキルや取得資格に応じて、さまざまな学校、学科、コースがあることも専門学校の特徴といえます。

1. 日本の専門学校に入学するために必要な条件

専門学校に入学するためには、次の条件のうちどれかを満たしている必要があります。

  1. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
  2. 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格し、18歳に達した者
  3. 日本において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了し、18歳に達した者
  4. 国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア資格を保有し、18歳に達した者
  5. 日本において設置された、国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了し、18歳に達した者
  6. 専門学校において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者に準ずる学力があると認めた者で、18歳に達した者

※1~3について、12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了する必要があります。

2. 出願に必要な書類とは?

専門学校によって必要提出書類は異なります。必ず各専門学校に、募集要項等で確認を行ってください。
尚、一般的には以下のものが必要となります。

  1. 入学願書(専門学校所定のもの)
  2. 高校の卒業証明書
  3. 最終学校の成績証明書
  4. 日本語教育機関出席・成績証明書(国内在住の場合)
  5. 日本語能力証明書(海外在住の場合)
  6. 健康診断書
  7. 写真
  8. 保証人関係書類

3. 入学試験の内容

これも専門学校により様々な方法がありますが、通常は以下のいくつかを組み合わせて行われます。

  1. 書類審査
  2. 学科試験
  3. 面接
  4. 小論文・作文
  5. 適性検査
  6. 実技試験
  7. 日本語試験と学力試験

4. 卒業・修了するために必要なことは?

以下の要件を満たし、文部科学大臣が認めた学科を修了すると「専門士」や「高度専門士」の称号がもらえます。
専門士には大学編入学、高度専門士には大学院への入学資格が与えられます。
卒業できるかどうかは、学校が行う学期末試験、学年末試験等の結果、出席日数などによって決定されます。

  専門士 高度専門士
修業年限 2年以上 4年以上
授業時間 1700時間以上 3400時間以上
修了認定 試験等により成績を評価し、
課程修了の認定を行う
試験等により成績を評価し、
課程修了の認定を行う
課程編成 - 体系的に教育課程が編成されていること

5. 学費について

以下の一覧表は、日本の専門学校の初年度納入金平均額(日本人学生)を表しています。初年度学費には、一般的に入学金、授業料、施設・設備費などが含まれています。外国人学生に対しては、各種奨学金や学費の減額制度(例:授業料の30%~全額減免)など日本での学費負担をサポートする制度も様々なものが充実しています。詳しくは各校の資料で確認いただくか、直接お問い合わせください。

初年度納入金平均 単位:円及びドル(1米ドル=90円で計算)

〈記載の金額は、各種奨学金や学費の減額制度などを適用していない平均額となります〉

私立 医療 1,403,000 円 15,589 ドル
衛生 1,331,000 円 14,789 ドル
工業 1,240,000 円 13,778 ドル
農業 1,205,000 円 13,389 ドル
文化・教養 1,173,000 円 13,033 ドル
商業実務 1,118,000 円 12,422 ドル
教育・社会福祉 1,077,000 円 11,967 ドル
服飾・家政 948,000 円 10,533 ドル

〈データ提供 (社)東京都専修学校各種学校協会〉 ※私立専門学校は昼間部の平均額